今週の重賞レース



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年10月21日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第20回 富士ステークス(GIII)
3歳以上オープン
1,600 (芝) 別定

1981年にジャパンカップが創設された際、同競走に出走する招待馬とその帯同馬、および代表候補の地方競馬所属馬が出走できる国際招待競走として、11月上旬に4歳(現3歳)以上の馬による芝1800mのオープン競走が東京競馬場で設けられた。このオープン競走に1984年より「富士ステークス」と競走名がつけられ、これが本競走の前身とされている。
その後1997年より距離を芝1400mに短縮し、馬や関係者の諸費用をJRAが負担しない国際競走に改めたうえ施行時期も11月下旬に移され、スプリンターズステークスの前哨戦として位置づけられた。1998年には重賞(GIII)に格付けされた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年10月22日(日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第78回 菊花賞(GI)
3歳オープン
3,000 (芝・外) 牡・牝

イギリスの「セントレジャー」を範にとり、1938年に「京都農林省賞典四歳呼馬」の名称で創設された4歳 (現3歳)馬による重賞競走で、1948年より現名称となった。前後して創設された横濱農林省賞典四歳呼馬 (現:皐月賞)や東京優駿 (日本ダービー)とともに、日本のクラシック三冠競走を確立した。旧八大競走にも含まれている。
クラシック三冠競走の最終戦として行われ、皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、東京優駿 (日本ダービー)は「最も運のある馬が勝つ」と呼ばれるのに対し、本競走はスピードとスタミナを兼ね備え、2度の坂越えと3000mの長丁場を克服することが求められることから「最も強い馬が勝つ」と称されている。最もスタミナのある優秀な繁殖馬を選定する観点から出走資格は「3歳牡馬・牝馬」とされ、せん馬 (去勢馬)は出走できない。
上へ戻る